「はやくワイヤードにきてー。」

らいぶこんぷれっくす

そういえば納車! | main | はたて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
コーヒー
IMG_0407のコピー


記事全消ししてからブログ一新して全く更新しなくなったので、気がむいたら前みたいに適当に身の回りのことでも書いておこうかなと思って早数ヶ月・・・とりあえずコーヒーのことでも書こうかなあ。

物心ついたころ、と言っても成人する前後あたりでしたが、物凄く珈琲好きになってしまいまして、最初は珈琲メーカーを部屋に置いておくぐらいで、缶コーヒーを邪道とするような古典的な部分から入り込んでたのですけれども、そうしてここまではまり込んでしまったのやら・・・。

というか拘る人って缶コーヒーを除外視する風潮があるけど、大工時代に結構飲んでたこともあったしハマり始め頃はともかくとして、普通に飲みたいときは飲んだりしてます。趣向品ですし、楽しみ方は人それぞれだと思いますので。

とりあえず珈琲に精通し始めたのは将来的にでも飲食業を開業したいな、とかそういうもくろみもあってのことだったのですが、思った以上にはまり込んで最近では焙煎機も買ってしまいました。焙煎機といっても直火で手で回すやつですが。近場の喫茶店で生豆を買い付けて、実際に焙煎した物をマスターに飲んでみてもらったりしてます。豆はトラジャが好きかな。

増えてきたしまとめるのも兼ねて現在持ってる器材でも紹介したいと思います。

無難な物でペーパードリッパー。
IMG_0428.jpg

珈琲好きで拘るって言われるとマシンだとかいろいろ想像する人もいるかと思われますが、とどのつまり結局ここに行き着いちゃう人も多いんじゃないかなあと思います。ひとくくりにドリッパーと言っても様々あるもので、何かペーパーの紙質によっても淹れ具合変わってくるらしいですよ。違いが分かると新しい豆と古い豆で使い分けられるとか・・・。

あと、写真だと「円状に淹れていく」って感じでどこぞのテキストどおりに淹れちゃってますが、これ実は間違いらしいです。理由は後ほど。

喫茶店のマスターと仲良くなったときに買わせてもらったサイフォン。
IMG_0202.jpg

近所の喫茶店はサイフォンで淹れてるんですが、かっこいいなーって感じで言ってると「倉庫にあるけど売ろうか?」みたいな感じでちょっと安めに譲っていただけました。メーカーはハリオ。というか珈琲器材集めてるといつのまにかほとんどハリオで染まってるんですが・・・。

サイフォンに関しては全然全く素人で、なんというか雰囲気で飲んでる感じですが、ほかの喫茶のマスターもそんなに美味しく淹れられるものなのかなあって感じらしくて、「パフォーマンスで楽しむ物」って言われてます。あくまで周囲の意見ですが。暇なときにサイフォンで淹れるのが楽しいんですよねえ。後片付けめんどくさいけどry

でもやっぱり慣れてる人がサイフォンで淹れる珈琲は一味違います。

エスプレッソが手軽に飲みたくて買ったマキネッタ。
IMG_0291.jpg

これイタリア製のものなんですが安くて三千円ぐらいでした。おおよそ四杯分ぐらい?

エスプレッソといっても、スタバとかああいったエスプレッソマシンでしっかり抽出されるような物ではなく、イタリアで家庭で飲まれるような庶民的なエスプレッソが淹れられます。なんと言うかとりあえず飲んでみてもらわない訳には分からないかも・・・。

本場では毎日使い古すことで、内側に油分が染み付いて味に深みが出るらしのですが、そこまで毎日飲むこともなくてたまにしか飲んでません。一般的には砂糖多めにかき混ぜずに入れて、飲み干したあとに底に残った砂糖を食べたりするそうですよ。スチームミルクでラテを作ったりしてもいいですが、せっかくのエスプレッソなのでシアトル系なデザート感覚の珈琲も家庭で作ることが出来るので、重宝しています。スチームミルクといっても、自分がやってるのは鍋で沸かしながら泡だて器でふわふわにした物ですが。でもこっちのほうがスチームの水分が無くて濃厚だったり。

フレンチプレスとか。
IMG_0367.jpg

金属ドリッパーみたいな物で淹れたかったのですが、物珍しさでこういうのも買ってみたものの・・・ハリオを選んだのは良いけどこれ紅茶用でした・・・が、問題ない!もともと紅茶用の器材を昔の人が珈琲に応用したとか言われてたような逆だったような。忘れた。

これはペーパーだとかを使わずに金属の網でこすように淹れるものなんですが、豆の油脂とかがそのまま抽出されるので普通に飲むよりガツンとワイルドな感じの一杯が出せると思います。豆にもよるけど自分はイタリアンロースト(深煎り)が好きなのでそんな感じ。ただこういった金属系のものって管理がめんどいというか、洗剤使えないんですよね。でも反対に考えればブラシでこするだけなんでその点、楽といえば楽なんですが。

水出しコーヒー用ポット
IMG_0321_20120703025606.jpg

水出しって言われると物凄い手間がかかりそうですが、これ八時間冷蔵庫に寝かすだけなのですごい簡単でした。しかも千円だったし。ただ、飲みやすさゆえにすぐ無くなるので、豆の消費量と作成時間を考えたら・・・。

硬水とか軟水とかいろいろ試してみてますが、やっぱ水出しは軟水かなあ。硬水だとエグみ感じてしまいました。あくまで個人的にですが。

んでもって円錐ドリッパー
IMG_0502.jpg

またドリッパーかよと思われるかと思いますが、これフィルターが円錐状なんです。んで耐熱ガラスだったりするので熱が損なわれなかったりとかいろいろ利点があったり。とにかく抽出が早くて、適当に淹れても理想的に入ってくれるというか、今はもう完全にこっちに乗り換えてます。でも、喫茶店のマスターから抽出方法聞いたけど、円状にお湯を淹れるよりかは、ちょびちょびと山になった部分を崩すように少しずつお湯を注ぐほうが味が均等に入るんだとか。言われてみれば、すぐにお湯がカップに落ちすぎて味薄くなってたかもなあって思いました。

んでもってついに買ってしまった・・・焙煎機!
IMG_0496.jpg

コンロでの直火式の物なのですが、全部部屋でやりたかったのでキャンプ用のバーナーも買いました。安いもので二千円でしたが結構火力出るしボンベもホームセンターに置いてる安いので良かった。

なんとか200g焙煎の物を探し当てたのですが、楽しいといえば楽しいものの・・・チャフ(豆の皮)が物凄く飛び出す・・・
IMG_0498.jpg

使用後は掃除必須です・・・

でも実際に自分が焙煎して、淹れるまでの過程すべてに拘った感じでコーヒー淹れるのも楽しいです。というか焙煎具合も自分で決めれるし、淹れ方も器材いろいろあるし、楽しめる味の幅が広がりすぎて手に負えない状態!なんかいろいろ充実してきたなあ。

焙煎も淹れるのもまだまだ不十分ですが、まだまだいろいろ手出そうと思ってます。

というか紹介してるほかにも何個か器材あるけど流石に器材置いてるスペースがキャパ越えしそうになってるから模様替えしないと・・・。
| 料理 | 03:50 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

━プロフィール━

エルザ

Author:エルザ
絵描いたり料理したり自作PC拡張したり珈琲にこだわったり幅広く

━カレンダー━

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

━最近のコメント━
━pixiv━

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。